Amazonプライムビデオで12月に新規配信になるアニメからオススメを紹介

やあ、(百魔の主を書いている)葵です。(@Aoi_Yamato_100

定額見放題のあるAmazonプライムビデオ(アマプラ)で12月に新規配信されるアニメ作品が発表されました!

今回はかなりおもしろい作品(特にノイタミナ枠)が多数配信されるということで、個人的にオススメなアニメ作品をランキング形式でご紹介します。

新しく見はじめるのもよし、昔見たけどまた見たいと思う作品を見かえすのもよし。

気になる作品があったらこの機会にぜひ視聴してみてください。

\アニメや映画が見放題/
Amazon プライム 
/無料体験もあるよ\

タップできる目次

Amazonプライム新規配信アニメまとめランキング【12月】

「これはめっちゃ面白いから見てほしい!」という基準で選ぶので、はやる気持ちを抑えられない関係上1位から紹介します。

ちなみに12月配信の作品の一覧については公式ページを見てもらったほうが早いと思うので、手っ取り早く「全部知りたい!」という人は公式ページからご覧ください。

1位:UN-GO

un-go

UN-GOのあらすじ

“終戦”を迎えたばかりの近未来の東京。

そこでは探偵業が流行らなくなった代わりに、メディア王・海勝麟六が膨大な情報量と優れた頭脳を生かして、幾多の難事件を解決していた。

しかし、実は麟六の推理には裏があり、それをあぶり出すのが、「最後の名探偵」を自称する結城新十郎と、その相棒・因果。

世間から「敗戦探偵」と呼ばれている2人が、力を合わせて様々な難事件の解決に挑む。

UN-GOの見どころ

小説家・坂口安吾の『明治開化 安吾捕物帖』や『復員殺人事件』などを原案として、その設定を独自にアレンジして制作されたアニメ。

探偵モノとしてミステリーのおもしろさもありますが、主人公・結城新十郎(ゆうき しんじゅうろう)の相棒である【因果】の、

  • 相手に1問だけ質問を答えさせることができる

というSFチックなギミックが良い味を出している。

そんな二人の活躍する舞台も、終戦後ということで適度なニヒリズムとアンニュイな妖艶さが混じる空気感。

世界観とストーリー、そして謎めいた二人の探偵。

すごく有名というわけではないけど、良作としてしっかり最後まで楽しめるアニメです。

\アニメや映画が見放題/
Amazon プライム 
/無料体験もあるよ\

2位:C(シー)

C(アニメ)

こちらは当時ノイタミナ枠で放送されていた貨幣をテーマにしたアニメ【C(シー)】です。

C(アニメ)のあらすじ

近未来の日本。

世間の貨幣の中にひそかに混じるミダスマネーによって日本経済は回復しつつあったが、その恩恵は国民に反映されず、不可思議な事件や自殺は次々と起こり、不安な時代が続いていた。

大学生・余賀公麿(よが きみまろ)は、突然現れた金融街の使者・真坂木(まさかき)に、

「未来を担保に、ご融資させていただきます」

と言われ、多額の金を銀行口座に振り込まれる。

公麿はその金に何気なく手をつけるが、そこで公麿を待っていたのは金融街にて自身と周りの人々の未来を代償にしたミダスマネーの奪い合い『ディール』を強制される『アントレプレナー』としての道だった。

C(アニメ)の見どころ

最初にこれを見たとき、貨幣というテーマに「すげえなこれ!」と驚いた記憶があります。

Cにはディールと呼ばれる金の奪い合いバトルがありますが、これがまさに身銭を切るという感じで、普段の生活に密着した金がテーマだからこそのハラハラドキドキ感が味わえます。

また、ノイタミナ枠らしい近未来という舞台の空気感も良い。

そしてなによりも、ディールではアセットと呼ばれる相棒キャラが主人公たちの代わりにミダスマネーの力を借りて戦います。

主人公キミマロのアセットは真朱と呼ばれる角っ娘少女。

真朱かわいいよマシュ!

こんなかわいい相棒が欲しいだけの人生だった……。

主人公が少年で、ライバルが三國 壮一郎(みくに そういちろう)と呼ばれるダンディズムあふれる大人の男

この構図もまた燃えるものがあります。

ラスト付近で主人公キミマロと真朱の衝撃の事実が判明して、

「未来を担保に、ご融資させていただきます」

という言葉の本当の意味がわかって、「うおおおお!」となります。

ノイタミナ枠が好きなら設定や空気感だけでも十分に楽しめてしまうアニメなので、配信されたらぜひのぞいてみてください。

そして私は地味に真坂木が好き。
お前本当ピエロ系のキャラ好きな。

\アニメや映画が見放題/
Amazon プライム 
/無料体験もあるよ\

3位:東のエデン

東のエデン「この国の”空気”に戦いを挑んだひとりの男の子と、彼を見守った女の子のたった11日間の物語」というキャッチコピーで繰り広げられたニートの物語。

ワクワクする設定がたくさんあって、一瞬で世界観に魅了された作品です。

ちなみに攻殻機動隊の前時代が世界観になっているということもあり、ところどころに攻殻機動隊の世界観との繋がりがある。

なので攻殻機動隊が好きな人は、空気感が好みに合致するかもしれない。

原作・全話脚本・監督:神山健治
キャラクター原案は羽海野チカ
アニメーション制作:Production I.G
【備考】第14回アニメーション神戸賞作品賞・テレビ部門受賞、東京国際アニメフェア2010・第9回東京アニメアワード優秀賞テレビ部門受賞作品。2009年(平成21年)度文化庁メディア芸術祭(第13回)審査委員会推薦作品アニメーション部門/長編(劇場公開・テレビアニメ・OVA)に選ばれた。(wikipedia引用)

東のエデンのあらすじ

2010年11月22日・月曜日、日本各地に10発のミサイルが落下した。

「迂闊な月曜日」と呼ばれたこの事件は、奇跡的に1人の犠牲者も出なかったこともあり、人々は次第に危機意識を失っていった。

それから3ヶ月後、11発目のミサイルが旅客機を直撃した。

その頃、大学卒業旅行でホワイトハウスを訪れていた森美 咲は、滝沢 朗と名乗る同い年の男性にトラブルを救われる。

滝沢は記憶を失っており、全裸姿であったが、82億円の電子マネーが入った風変わりな携帯電話(ノブレス携帯)を手にしていた。

東のエデンの見どころ

  • 記憶喪失の青年
  • あらゆる依頼(国家権力を動かす要請すら)を行えて、82億円という莫大な金が入ったノブレス携帯
  • たった一人が勝ちぬけ、残りの者に死が与えられるセレソンゲーム

こんなんおもしろいに決まってるだろ!

設定が! バカみたいに! おもしろいんだよッ!

ワクワクする。

とにかくワクワクする。

そしてまた主人公の滝沢が非常に良いキャラをしている。

どこか冷めた合理性を漂わせつつ、内に秘めた熱い正義感もあり、頭もキレる好青年。

それでいて抜けたところもあるけど、ここぞというときのやることなすことがデカい。

記憶喪失というミステリアスさも、徐々に真実が明らかになっていくにしたがって「ああ、そういうことか」とゾクゾク感を感じさせる要因に変わっていく。

前2作と比べると映画化もして、当時かなり話題になっていた人気作。

これがAmazonプライムで再び見れるとなれば、見ないという選択肢はない。

それくらいの名作です。

\アニメや映画が見放題/
Amazon プライム 
/無料体験もあるよ\

まとめ:ほかにも面白い作品がいっぱい!今はアマプラが超熱い

正直エンタメ系ならとりあえずアマゾン系列のサービス使っておけば良いんじゃないってレベルで充実してます。

12月はほかにも、

  • モノノ怪
  • 図書館戦争
  • 東京マグニチュード8.0
  • ギルティクラウン
  • あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • 四畳半神話大系

こんな感じで名作良作が目白押し。

わたしが普段よく使っているKindleUnlimited(キンドルアンリミテッド)やAudible(オーディブル)もそうですが、Amazonプライム(ビデオ)は特にコスパの良さがヤバい。

12月配信予定のもの以外にも、すでに配信されているおもしろいアニメや映画がたくさんあります。

まだ登録したことがないという方は30日間の無料体験もあるので、ぜひこの機会に試してみてください。

\アニメや映画が見放題/
Amazon プライム 
/無料体験もあるよ\

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる