【Amazon】今日のタイムセール商品!

彼方のアストラの面白い所を紹介するよ|伏線回収が神がかっている

彼方のアストラ

長い物語もいいけど短くてしっかりまとまった作品もいいよね。

今回は創作者目線からみても「見事だ……」と思ったし、一読者としてもワクワクとゾクゾクが止まらなかったSFマンガのご紹介です。

その名も彼方のアストラ

舞台は宇宙

やっぱり宇宙っていいよね……(恍惚)

彼方のアストラの概要(全5巻:完結済み)

【あらすじ】
宇宙への往来が当たり前になった近未来。高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ”に旅立つ。未体験の宇宙旅行に胸を躍らせながら惑星に降り立った彼らを待ち受ける、予想外の事態とは!? 近未来SFサバイバルストーリー、始動!!

全5巻で完結。

総合的にみて無駄がなく、読後感もよくてパっと面白い漫画を読みたいときにぴったり。

ミステリー要素も強いが、舞台設定が宇宙ということで冒険的な楽しさもあり、結末を知っていても繰り返し読めるところがまた良い。

彼方のアストラの個人的感想と評価

読み進める手が止まらないとはまさにこのこと。

序盤のワクワク感と、絶妙な間(ま)に飛び込んでくる謎の数々。

そしてそれらの謎を見事に回収する手腕が本当にすごかった。

かなりゾクゾクさせられた。

いろいろな作品を読んでいると、先の展開について「ああ、たぶんこうだな」とか、「こういう展開だろう」となんとなくわかってしまうことも多いですが、この作品はそういう予想すらも上回ってくる

すごい(語彙欠如)。

創作者としても「すげえ」と思ったし、単純な読者としても「すげえ」だった。

テーマ自体はやや重めだが、バランスが取れている

結構作中にちりばめられたテーマやや重め。

けれどその重さを合間合間のコメディ調なやり取りや、未知の惑星を旅するというワクワク感でうまく中和している。

そしてテーマが重いからこそ心に響くストーリーが展開されるので、マジで総合力高し。

キャラクターごとにしっかりとしたバックグラウンドがある

ストーリーの構成も見事ながら、多数出るキャラクターそれぞれにしっかりとした人生が見える。

これは登場人物の育った背景や、背負っている物を作中でしっかりと無駄なく描写しているからだろう。

だからこそちょっとした会話の掛け合いにも実があるし、コメディ調の部分もけっして薄っぺらにならない。

ストーリー構成とキャラクター構成が非常にうまいと感じた。

キャラクターの作り方と魅せ方に関しては超絶参考になる。
キャラクターの作り方2つのステップ魅力的なキャラクターの作り方!2つのステップを実例付きで解説

彼方のアストラ:感想まとめ

しっかりと「人間」を描写しているというか、真に迫るというか、とにかく作者の思いとか熱さみたいなものが伝わってくる本当に良い作品でした。

ちなみに2019年7月からテレビアニメも放映するみたいなので、アニメを待つのもいいし、アニメの前に原作を読んでおきたいという人には今がチャンス!