スマホゲーム

【冒険者ギルド物語2】ほぼ物理攻撃のみで伝説バベルの塔を突破できるか

やあ、(物理で殴るのが大好きな)葵です。

2019年10月、冒険者ギルド物語2がアップデートされました。

ゲーム部分のアップデートではないですが神(HIROTAKA)の実在証明がされた!

前回のアップデートが2018年3月22日なので約1年半ぶりのアップデート。

ゲーム部分のアップデートじゃないのにこれだけ喜べるのって冒険者ギルド物語2だけじゃない?

【本題】ほぼ物理攻撃だけで伝説バベルの塔を攻略できるか【冒険者ギルド物語2】

そんなところで本題。

最近ほぼ物理攻撃のみで伝説バベルの塔をどこまで攻略できるかをのんびりチャレンジしています。

その物理パーティのメインアタッカーがこちら、『ダークエルフ侍』さん。

前提として、『できるかぎりトレハンはする』をモットーにしています。

物理攻撃の可能性

もともとは『物理攻撃の最高ダメージをはじきだしたい』という思いから作成されたキャラクターですが、運用してみたら案外コンスタントにダメージを出してくれるので、そこからバベルに挑戦してみることになりました。

バベルの塔はいろいろな階層ごとにまったくタイプの異なる敵が出てくるので、物理と魔法の両方を編成に入れないと突破しづらくなっています。

特に後半階層は魔法攻撃で一掃できないと辛い階層が多い。

ダークエルフ(侍)の装備はこんな感じ

基本的に刀ガン積み。

せっかくなので【追加ダメージ】もあげて物理防御が高いモンスターにもある程度対応できるようにしています。

ダークエルフ(侍)がコンスタントに活躍するために必要なスキルはこのあたり。

  1. ダークエルフの種族特性である『殺意』と『群れ追い』
  2. 五輪の書で装備できる特性『二天一流』
  3. 外したときのセーフティである『燕返し』

このあたりでとにかく攻撃機会を増やしています。

侍は一撃のダメージはめちゃくちゃ高いですが、攻撃回数が1回なのでどんなに命中をあげても外すときは外すし、なによりも相手が多数のときに1体ずつしか倒せないというのがネック。

その点、ダークエルフ侍は種族特性である『群れ追い』がかなり侍の弱点を補ってくれます。

群れ追い:味方の魔法攻撃に反応して追撃する

パーティの構成はこんな感じ

パーティの構成は以下のとおり。(育成中)

  1. 吸血鬼(戦士)
  2. ダークエルフ(侍)
  3. 金竜(君主マスター)
  4. アンデッド(僧侶)
  5. エルフ(盗族マスター)
  6. オメガ(狩人)

前列3体はほぼすべて『ダークエルフ(侍)』を活かすためだけに組んでいます。

吸血鬼(戦士)は種族特性で魔法反撃があるので、ダークエルフの『群れ追い』に着火できるのが大きい。

金竜はもともとのコンセプトである『物理で最高ダメージを出す』のために、君主の職業スキル『指揮』でダメージを上げつつ、金竜の種族特性である『王者の咆哮』で確率でさらに威力を1.6倍にさせています。

後列はオメガ(狩人)がサブアタッカー。

オメガはゴーレム改造でかなり特異な特性設定ができて、剣聖の職業スキルがつけられるのが大きい。

あとはもちろん装備数が多いのも良い。

暴走がマジでネックだがな!
オメガさん、仲間もろとも貫くの勘弁してください……

この暴走をなんとかするためにエルフ(盗賊マスター)の敏捷を上げて、先制キュアをかけられるようにしています。

アンデッド(僧侶)は救出と純粋原液でレアアイテム率をあげるため。(救出の関係で敏捷が低いのもグッド)

物理攻撃で伝説バベルの塔を攻略する:現状は40階層あたり

現状はこのパーティで伝説バベルの塔40~42階層あたりをうろうろしています。

一番ネックなのは44階層45階層あたりなので、ひとまずそこに行ったときにどれだけ戦えるかが問題。

ちなみに伝説バベルの塔自体はほかのパーティで攻略済みです。

ちょっと趣味も入っているけど安定して踏破できています。

今はとにかくダークエルフ(侍)を入れて伝説バベルの塔を攻略したい……!

また進展があれば記事にしようかなと思います。

\よかったらシェアしてね/
この記事のURLをコピーする
あわせて読みたい