『冒険心を刺激される』漫画ランキング|ワクワクが止まらない!

やあ、(百魔の主を書いている兼業作家の)葵です。(@Aoi_Yamato_100

本記事では、葵がジャンルを問わず『冒険心が刺激される』『ワクワクする』と思った漫画をランキング形式で紹介します。

未知の大地への大冒険はもちろんのこと、自分の知らない世界へ飛び込むワクワク感は面白さの根源。

『これこそ創作物の醍醐味だ!』と思うような素晴らしい漫画がたくさんあるので、ぜひ読んでみてください。

タップできる目次

『冒険心が刺激される』漫画ランキング

1位から順に紹介していきます。

各ランキングに対象作品の個別レビュー記事も貼っておくので、気になる作品があればそちらも併せてご覧ください。

1位:空挺ドラゴンズ

龍が住まう空の世界と、その龍を飛行船に乗って狩猟する『龍獲り(おろちとり)』たちを描いた漫画。

人の感知しえない『未知』が詰まった空の世界の描き方がめちゃくちゃうまい。

深海にワクワク感を覚える人は間違いなくワクワクしちゃう超名作。

もっと詳しく知りたい人はコチラ!

[kanren id=”644″ target=”_blank”]

2位:地底旅行

1864年に発表された名作冒険小説を漫画家した作品。

漫画のテーマは『地球の中心への旅』。

『16世紀の錬金術師が残したルーン文字の暗号』や、『地下深くの幻想的な大洞窟に絶滅した古生物の気配』など、リアルとフィクションの狭間で絶妙なリアリティを持って訴えかけてくる冒険の模様に、思わずワクワク。

次から次へとページをめくってしまった超面白い漫画。

3位:メイドインアビス

ダンジョン物と言えばこの『メイドインアビス』。

まさしく未知の世界への冒険というテーマで、繊細なタッチで描かれるダンジョン内の奇天烈な景色や生態系の描写が素晴らしい。

普通では味わえない世界観にどっぷり浸れるが……

詳しくは個別のレビュー記事を見てくれ。
なんか怪しいなオイ!

もっと詳しく知りたい人はコチラ!

[kanren id=”3963″ target=”_blank”]

4位:BLAME!

『無限に増殖する都市』の中を旅するSF漫画。

テキスト少な目でイラストの迫力だけでどんどん冒険心が刺激されていくガチの傑作。

サイバーパンク系の作品が好きな人はもちろんこと、バイオパンクが好きな人にもおすすめ。

もっと詳しく知りたい人はコチラ!

[kanren id=”1564″ target=”_blank”]

5位:彼方のアストラ

極上のミステリーを絡めた宇宙系SF漫画。

地球を離れてさまざまな惑星を旅する中で、ゾクゾクとするような謎が徐々に明らかになっていく。

ストーリー自体にも力がある上、未知の惑星への冒険も楽しめるという二重においしい漫画。

もっと詳しく知りたい人はコチラ!

[kanren id=”2896″ target=”_blank”]

6位:HUNTER×HUNTER

色んな意味で超有名なファンタジー漫画。

『キメラアント編』あたりから徐々に冒険的なワクワクが増し、『暗黒大陸編』でその冒険心は絶頂に達する。

富樫先生の天才っぷりに鳥肌が止まらない名作冒険活劇漫画。

アニメはVODサイトで見放題対象

葵が実際に使っている視聴サイト

[yoko2 responsive]

[cell]

\映画も見られるので重宝/
<U-NEXT>

[/cell]

[cell]

\最新作のアニメを追う時は/
dアニメストア

[/cell]

[/yoko2]

7位:百万畳ラビリンス

『裏』現実世界とでも形容すべき、ゲームのデバックルームのような未知の世界を冒険する漫画。

サイバー系とファンタジー系の間を抜くような絶妙な世界観で、物語の推進力も抜群。

上下巻でスッキリ完結するところも良いイチオシ。

『裏』現実世界へ迷い込む別作品も面白い!

[kanren id=”8350″ target=”_blank”]

8位:約束のネバーランド

『GFハウス』と呼ばれる子どもたちの楽園から、『外の世界』への脱獄を描いた漫画。

鬼の食用として育てられた子供たちが、(人間離れした)知恵と勇気を振り絞って苦難を乗り越えるストーリーも面白いが、

  • 今、外の世界がどうなっているかわからない

という未知の要素がかなり冒険心をくすぐる。

頭脳戦が面白い漫画としてもオススメ!

[kanren id=”9142″ target=”_blank”]

9位:神々の山嶺

エヴェレストに魅せられた一人の登山家の障害を描いた漫画。

高い山の頂きもまた常人が訪れることができない特別な未知の場所。

シンプルに冒険心をくすぐられる。

登山系の漫画は名作が多い。神々の山嶺を読んでからいろいろ登山漫画を読み漁りました。

夢枕獏氏の原作小説はこちら!

10位:PSYREN-サイレン-

公衆電話を通して荒廃した未知の世界と現実世界を行き来する漫画。

やや古い作品なれど光るものがあって私はかなり好き。

主人公がどんどん強くなっていく姿も良いし、未知の『サイレン』の世界の謎を追っていくストーリーもかなりワクワクする。

『冒険心が刺激される』漫画ランキング:まとめ

やっぱり冒険は良いものです。

自分で体験するのももちろん楽しいけれど、雨の日や外に出たくない日にこういった漫画でさまざまなワクワクを体感できるのが冒険漫画の良いところ。

ほかにも『これはワクワクしたなぁ!』と冒険心を刺激された漫画があれば、随時ブログで更新していきます。

\冒険心が刺激される漫画の一覧ページ/
『頭脳戦が深い』のタグ一覧
/随時更新してるよ\

漫画の総まとめ記事はコチラ!

[kanren id=”4201″ target=”_blank”]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップできる目次
閉じる