【Amazon】今日のタイムセール商品!

【空挺ドラゴンズの評価&感想】壮大な世界観に引きこまれる!龍を巡る冒険ファンタジー

空挺ドラゴンズの感想

やあ、(広大な世界観を持つ作品が大好きな)葵です。

今回はKindleに2000冊以上の漫画を貯蔵し、「おもしろそう」だと思ったものを片っ端から読んでいるわたしが、

「これは冒険ファンタジー漫画の傑作だァ……」

と衝撃を受けたマンガをご紹介します。

その名も空挺ドラゴンズ。(くうていドラゴンズ)

[box04 title=”追記”]

アニメ化が決まりました!

2020年1月からフジテレビ「+Ultra」枠にてオンエア予定。また、Netflixにて独占配信されるとのこと。

アニメ公式ページ:https://drifting-dragons.jp/

壮大な空の世界観に引きこまれるファンタジー漫画【空挺ドラゴンズ|桑原太矩】

【あらすじ】
龍を追って、世界の空を往く捕龍船『クィン・ザザ号』。大物を捕まえれば一獲千金、獲りたての肉も食べ放題。でも、失敗したらもちろんお陀仏。空と龍に魅せられた乗組員たちの大冒険の旅&世界グルメ紀行!

\登録しなくても試し読みできるよ!/

[jin-button-gradation visual=”” hover=”down” radius=”50px” color1=”#F0BD00″ color2=”#F04D00″ url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35FICL+6LJZ5E+47SQ+5YRHE” rel=”nofollow” target=”_self”]Reader Storeで試し読み[jin_icon_arrowdouble color=”#ffffff”][/jin-button-gradation]

ソニーが運営する国内最大級の電子書籍サイト\
初めて利用で最大90%OFFクーポンプレゼント!

空挺ドラゴンズの魅力と見どころ

(©空挺ドラゴンズ/桑原太矩)

①龍の迫力と「世界の広さ」の描写がすごい

『空挺(くうてい)ドラゴンズ』の最大の魅力は、なんといってもその世界観です。

ハッとして息が止まるような龍の巨大さと迫力。

そしてそこから垣間見える「世界の広さ」の描写が、とんでもなく優れています

空挺ドラゴンズでは、作品が進むにつれていろいろな種類の「龍」が出てきますが、この作品の龍というのはいわゆるゲームに出てくるような一般的な「ドラゴン」とは少し違って、どちらかというと未知の深海生物的な存在です。

この未知というのが非常に重要で、「深海には実は人が想像できないような怪物が潜んでいるのではないか」と思うのと同じく、

  • 「空にはもっとヤバい龍がいるんじゃないか」

というワクワク感を覚えさせてくれます。

(出典:©空挺ドラゴンズ)

作中に何度もそういうシーンが出てきて、わたしはそのたびに鳥肌を立てていました。

ウオォ!! すげえ!! なんだこれすげえ!!
(語彙が飛んでいる……)

ちなみに上記のシーンのあとにも、さらにすごいシーンがあって、そこで興奮がMAXになりました。

ちょっとだけネタバレするとこのシーンです。(詳しくは本編を読んでみてね)

(出典:©空挺ドラゴンズ)

タキタの台詞が空挺ドラゴンズの魅力をそのまんま表しています。

\登録しなくても試し読みできるよ!/

[jin-button-gradation visual=”” hover=”down” radius=”50px” color1=”#F0BD00″ color2=”#F04D00″ url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35FICL+6LJZ5E+47SQ+5YRHE” rel=”nofollow” target=”_self”]Reader Storeで試し読み[jin_icon_arrowdouble color=”#ffffff”][/jin-button-gradation]

ソニーが運営する国内最大級の電子書籍サイト\
初めて利用で最大90%OFFクーポンプレゼント!

②キャラクターは多いがそれぞれにしっかりとドラマがある

空挺ドラゴンズは比較的登場人物が多いマンガです。

下手なマンガだと誰が誰だかわからなくなったりしますが、空挺ドラゴンズは作者の画力が高く、書き分けもかなりうまいので気になりません。

なにより、各キャラクターにしっかりとしたドラマがあるため、個性が光ります。

捕龍船内での日常的なエピソードをしっかり描いているのもキャラクターの良さに繋がっている。

メインストーリーはもちろんですが、こういう各キャラクターが持つドラマもかなりおもしろくて、めちゃくちゃ面白い。

③捕龍シーンと生活シーンの描写配分が絶妙

『空挺ドラゴンズ』は、竜(龍)が存在する世界で、その龍を取って生活をする龍捕り(オロチとり)たちの姿を描いたハイファンタジー作品です。

捕龍シーンは比較的シリアスですが、②でも言ったとおり、

  • 龍と出会う前の捕龍船上での生活シーン
  • 補給のために地上に降りたときの各キャラクターの日常

そういったものが非常に良いバランスでちりばめられています。

「生活シーン」っていっても空を飛ぶ捕龍船上での生活なので、それ自体ファンタジー感があってワクワクする。

ずっとシリアスでは疲れてしまいますし、ずっと生活シーンだけでは十分なワクワク感は得られません。

その点、空挺ドラゴンズの捕龍シーンと生活シーンの配分は絶妙で、二つが合わさることで世界観の深さと広さを見事に表現しています。

④ところどころで出てくる料理がめちゃくちゃ美味しそう

空挺ドラゴンズは、さまざまなシチュエーションで登場する龍の素材を使った料理の描写がすばらしく、作品の世界観をより身近に感じる小道具としても活躍しています。

(出典:©空挺ドラゴンズ)

ご覧のとおりあまりに美味そうなので深夜に読むときは気をつけろ。

読むともれなく肉料理が食いたくなります。

ファンタジーグルメものとしての完成度もかなり高く、グルメもの目当てで読んでも損しないレベルです。

[jin-fusen1-even text=”空挺ドラゴンズの最新刊(6巻)はこちら”]

著者|桑原太矩のTwitterにも注目

空挺ドラゴンズの著者である漫画家桑原太矩(くわばらたく)先生のツイッターにもラフ画などがあげられていて、空挺ドラゴンズ好きにはたまらないつぶやきになっています。

最新刊の情報もつぶやきで流れる。(空挺ドラゴンズ7巻は2019年11月7日発売のようです)

飛行船って良いよね……(恍惚)

空挺ドラゴンズ1巻の表紙の原案のようです。

龍の迫力がびしびし伝わってきます。

作者の考えについてもっと知りたい人はインタビュー記事などもあるのでぜひ読んでみてください。

『空挺ドラゴンズ』のアニメについて

2020年1月からアニメが放映されることが決定しています。

アニメ化決定記念としてPV(プロモーションビデオ)がYoutubeにアップされているでのこちらにも載せておきます。

映像も綺麗だし、空挺ドラゴンズの魅力である広大な空の世界観を見事に表現してくれている。
[box04 title=”関連ページ”]

【まとめ】文句なしに面白い!ワクワクしたいなら空挺ドラゴンズを読め!


(©空挺ドラゴンズ/桑原太矩)

[box02 title=”空挺ドラゴンズを読むべき人”]
  • 「ファンタジーな世界に浸りたい!」
  • 「とにかくワクワクしたい!」
  • 「龍の肉食べたい……」
[/box02]

こんな人はかなり楽しめます。

\登録しなくても試し読みできるよ!/

[jin-button-gradation visual=”” hover=”down” radius=”50px” color1=”#F0BD00″ color2=”#F04D00″ url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35FICL+6LJZ5E+47SQ+5YRHE” rel=”nofollow” target=”_self”]Reader Storeで試し読み[jin_icon_arrowdouble color=”#ffffff”][/jin-button-gradation]

ソニーが運営する国内最大級の電子書籍サイト\
初めて利用で最大90%OFFクーポンプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です