【Amazon】今日のタイムセール商品!

将国のアルタイルの面白い所を紹介|ファンタジー×戦争×政治の群像劇

将国のアルタイルの感想

戦記×ファンタジーの組み合わせが好きならこの漫画を読め!

将国のアルタイルという戦記ファンタジー漫画がめちゃくちゃおもしろかったので今回はそのおもしろさについて語ります。

これこそが求めていた戦記ファンタジーだ!【将国のアルタイル】

【あらすじ】
ここではない世界、いまではない時代。
将軍(パシャ)と呼ばれる為政者たちの治める草原と砂漠の国・トルキエ将国。

隣国・バルトライン帝国との戦争から12年、交易で得た巨万の富をもって復興を遂げたトルキエに、再び帝国の魔の手が迫る・・・。

就任10日目の新米将軍・マフムート、犬鷲・イスカンダルを相棒に国家間に渦巻く陰謀と策略を切り裂く!

将国のアルタイルの見どころ①世界観の練られた戦記ファンタジー

将国のアルタイルは、戦記色の強いファンタジー漫画です。

都市国家的な国がいくつもある中で、トルキエ将国と呼ばれる13人の将軍によって運営される国が最初の舞台。

主人公は犬鷲の将軍と呼ばれる美形の最年少将軍マフムート。

(出典:将国のアルタイル22巻)

作者さんの筆力が非常に高く、とにかくキャラクターが美しいですが、マフムートは見た目にそぐわず主人公らしい青臭さと正義感、そしてたしかな実力を持った少年で、とても好感が持てます。

そして、この作品の最大の魅力はなんといっても、

しっかり描かれた各国家の「在り様」。

どこの国(街)がどういう文化で、そこに住む人たちはどういう考えを持っているのか。

そういったことがしっかりと描かれているから、世界観にも説得力(リアリティ)があります。

物語におけるリアリティについて物語におけるリアリティとは?意味とポイントを3つの視点から解説

もちろん国家間の戦いの描写も良く書かれていて、ひとつの世界で繰り広げられる「歴史」みたいなものにひたれる作品。

わたくしごとにはなりますが、『百魔の主』が好きな方はまず楽しめると思います。

(葵 °д°)あとレレデリクっていう敵の女将校がエロかっこかわいい。

(出典:将国のアルタイル22巻)

最新刊

将国のアルタイル22巻の感想将国のアルタイル22巻の感想【9月の新刊レビュー】