漫画のレビュー

【漫画】生活感のあるファンタジー漫画まとめ【日常系】

ファンタジーな世界にひたれる日常系のマンガって最高ですよね。

ファンタジーと聞くとついつい壮大な物語が描かれると思いがちですが、日常系や生活系だからこそその世界観にどっぷりひたれるものもあります。

本記事ではそんな生活感のあふれるファンタジー漫画についてまとめました。

せわしない日常に疲れているそこのあなたにこそオススメです。

本記事はこんな人にオススメ!
  • ファンタジーな世界観にひたりたい
  • せわしない日常から解放されたい
  • 生活感のある作品が読みたい

日常系ファンタジー漫画まとめ

ハクメイとミコチ

いろんなものが巨大な森の中で生活する二人の女の子の物語。

実はこの世界、ものが大きいというより登場人物たちが小さいんです。

キャラクターはデフォルメされて親しみやすいわりに、小道具や風景の描写がめちゃくちゃしっかりしていて、1ページ1ページにとてもワクワクする。

くわしいことは個別の記事で書いたので気になる方は見てみてね。

ハクメイとミコチ(マンガ)
【ハクメイとミコチ】身近で幻想的な世界を描いた日常系ファンタジー漫画せわしない日常から解放されたいときってありますよね。 そういうときに一番おすすめなのは「ファンタジー」かつ「日常系」な作品に触れる...

ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~

異種族の住まう魔界を言語と文化をテーマにリアルに旅する様子を描いた漫画。

今を生きるわたしたちの視点から、

  • こういう種族がいたらたしかにこうかも
  • なるほど、こういう文化はたしかにありそうだ

というのを非常に丁寧にまとめている作品です。

リアルな視点から描いているものの、ファンタジー作品としてのリアリティの高さはすさまじく、フィクションであることを忘れてしまう説得力があります。

気づいたら作品世界に引き込まれていた。

難しい題材を非常に楽しくまとめてくれている漫画でもあり、正直無限に読んでいたい漫画です。

異種族言語学入門
言語と文化がテーマ!ファンタジー世界をリアルに旅する漫画【異種族言語学入門】やあ、(一時期カラス語の習得を試みたことがある)葵です。 異世界(ファンタジー世界/魔界)のリアルな言語学と文化を描いた漫画があり...

ダンジョン飯

大ヒットしたダンジョン系グルメ漫画。

ゲームをやったことがある人ならだれもが知っているダンジョンの中で、リアルな探索を描いた作品。

とにかくダンジョンで作る飯がうまそう。

実際にダンジョンに住むモンスターたちの生態なども細かく描写していて、非常にリアリティが高い漫画でもあります。

一応メインストーリーなるものはありますが、焦点となるのはダンジョンにもぐる探索者たちのサバイバル描写。

深夜に読むと絶対にお腹が減るので、読む時間帯にだけは注意してください。

【kindle版】:ダンジョン飯(1)

空挺ドラゴンズ

飛行船に乗って龍を取るために世界を旅する龍捕り(おろちとり)たちの物語。

冒険色も強いけれど、龍のいるファンタジー世界を生きる者たちの、実生活に関する描写もめちゃくちゃこだわっていておもしろい。

龍の素材を使って作る肉料理や、龍捕りたちがありあわせのもので作るちょっとした料理なんかもかなり凝っていて、「これこそファンタジーだ!」と感動するレベルのもの。

ジブリが好きな人なんかもハマるんじゃないかなと思います。

個人的に今最も注目している漫画なので、気になる方はこちらの個別記事も読んでみてください。

空挺ドラゴンズの感想
【空挺ドラゴンズの評価&感想】壮大な世界観に引きこまれる!龍を巡る冒険ファンタジーやあ、(広大な世界観を持つ作品が大好きな)葵です。 今回はKindleに2000冊以上の漫画を貯蔵し、「おもしろそう」だと思ったも...

竜と勇者と配達人

ハーフエルフの新米配達人・吉田がファンタジーな世界で仕事に精を出す作品。

頑固な魔術師や勇者パーティーに群がる有象無象、悪徳森番らを相手にしながら、配達という仕事をこなす吉田の姿には社畜魂が散見される。

そのためか、ところどころニヒルな部分が見え隠れして、それがブラックジョークのようでおもしろい。

ファンタジーお仕事モノとしてはかなり出来が良く、「ファンタジー世界で普通に仕事をしてたら」という思考実験としても楽しめる。

設定も非常によく練られていて、繰り返し読んでも楽しめる作品なので、そこのファンタジー好きな社畜はご一読あれ。

魔法使いの印刷所

ファンタジー世界へ転生した主人公が、魔法書の即売会【マジックマーケット】を開くお話。

画力が非常に高く、ファンタジー感を出すための背景や人物の衣装の描写に並々ならぬ熱意を感じる。

このマジックマーケットというのは簡単に言ってしまうとコミケで、『ファンタジー世界で魔法使いたちがコミケを開いたら』という「もしも」をうまく描ききった作品。

わいわいとした雰囲気が好きな人にはぴったりで、イロモノかと思いきやコミケという要素を巧みにファンタジー世界に落とし込んでいるし、ちょこちょこ良い話があったりしてほっこりできます。

見ていて楽しい気分になる良作です。

【魔法使いの印刷所】もしもファンタジー世界にコミケがあったら【漫画】タイトルにビビっときたら『魔法使いの印刷所』ってマンガが合うかもよ。 ファンタジー世界を舞台にしたコミケのオマージュ的な漫...

\面白いマンガをまとめたよ/

漫画まとめを見る

ジャンル分けもしてあるので参考にしてね

\よかったらシェアしてね/
この記事のURLをコピーする
あわせて読みたい