廃英雄とベスジアの王/目次&まとめページ

あらすじ

 第三時代――〈青い瞳の勇者〉と〈赤い瞳の魔王〉の戦いによって文明が崩壊したあとの時代に、世界最悪の暴王と呼ばれる者がいた。

 そんな暴王を打ち倒すために各国が〈英雄〉を排出するのが当たり前になったころ、魔導振興国として知られるマナフ王国はとある英雄を作り出す。

 他国との戦争に敗北し、最後の希望としてすがったその英雄は白い髪を宿していた。

 生まれ持った圧倒的な魔力。マナフ王国にふさわしい魔術の技量。そしてそんなマナフの〈白き英雄〉の隣には――もう一人の少年がいた。

 黒い髪、赤い瞳、されど彼には生まれつき魔素がなかった。

 マナフ王国にはとうてい似つかわしくないその少年は、しかし、もう一人の英雄として歴史に名を刻むことになる。

 これは、世界最強にして最悪と謳われた〈ベスジアの王〉と、その王を打ち倒すべく生み出された〈廃英雄〉たちの物語。

作者コメント

ぶっちゃけ暗め。でも書いていて一番鳥肌が立った物語でもある。兄弟愛。

連載サイト

カクヨム

小説家になろう

そのほかの葵大和の作品についてはコチラ