【Amazon】今日のタイムセール商品!

麻酔科医ハナの面白い所を紹介するよ|仕事が辛い時に読みたい医療漫画

やあ、(百魔の主を書いている)葵です。(@Aoi_Yamato_100

激務、してますか?

クソみたいな問いかけだな。

終わらない仕事、消える休日、増え続ける残業。

かくいうわたしもたまに残業時間が150時間を超えたりして「はたしてこれは健康で文化的な生活と言えるのか……?」と遠い目をすることがあります。

そしてそういう激務に疲れたときは、よく「自分よりもっとつらそうな人」を見て取り急ぎメンタルの崩壊を防ぐというのが日課になっています。

(どこからツッコんだらいいか迷う)

特におすすめは戦争ドキュメンタリーを見ることですが、そのあたりのことは『メンタルが崩壊しそうになったら見たい動画集!』という記事でまとめているので、気になる方は読んでみてください。

でも、「戦争は逆にリアリティが持てない」という人もいると思います。

そういうときはより身近で、今の時代にも起こっているリアルな仕事現場を見ることで代替することができます。

今回は「これめっちゃ激務激務してて良いよ!」という漫画をご紹介します。

その名も『麻酔科医ハナ』

ちなみにKindleUnlimitedというAmazonの読み放題サービスに加入していると無料で読むことができるので、KindleUnlimitedを使っている人には特におすすめ。(2019年11月確認)

Kindle Unlimitedの体験レビューはこちら!

Kindle Unlimited 3年間使ってみた感想【読み放題】『Kindle Unlimited』を実際に体験してみた感想【3年継続】

麻酔科医の仕事の激務っぷりを描いた医療漫画【これはつらい】

読んだ感想としては「麻酔科医よりは……マシかな……」です。

この気持ちが大事!
(もう手遅れだ……)

あらすじにも書いてあるとおり、この漫画は現在の医療現場における最大の崩壊要素である麻酔科医の日常を描いたマンガです。

  • 外にすら出られない激務
  • 人の命を預かっているという心理的プレッシャー
  • 1つのミスが訴訟や怨恨に繋がるおそろしさ

(©麻酔科医ハナ)

立て込んでいるときは休憩時間もなく、トイレにすら行く時間がないときもある。

そんな麻酔科医の日常をこのマンガで見ていると、逆に元気が出てきます。

しっかりとしたリアリティがある

このマンガはストーリー的にはフィクションですが、内容は現実の麻酔科医の日常をしっかりと反映しています。

そこにはリアリティがあり、しっかりとした取材に基づいた根拠があります。

だからこそ自分と比べやすいし、単なるフィクションの物語を読む以上に感じ入るところがある。

(©麻酔科医ハナ)

  • 仕事がつらい。自分よりつらい人はいるのか。

そういう目的でマンガを探すときは、こういうリアルを映しているという根拠はとても大事です。

戦争モノを見るときも、わたしは実話だったりドキュメンタリーであることを大きな判断材料にしています。

伊達にこの方法使ってないです。

(胸張るところ間違えてるだろ)

地味にサービスシーンもあって癒される

あ、これは男性限定なのですが、女性登場人物のサービスシーンがちょくちょくあります。

主人公のハナはナイスバディです。

みなまでは言いません。

エロは世界を救う。

どうやらこの設定は編集者の差し金らしいのですがグッジョブ。

まとめ:仕事に疲れているなら激務マンガを読もう

健全だとか不健全だとかそんなのは良いのです。

今の自分が、少しでも楽になれるのなら、使えるものは使っていきましょう。

(©麻酔科医ハナ)

こういう楽しみ方・癒され方ができるのも、エンターテイメントの魅力の一つだと思います。

  • 「仕事がつらい」
  • 「日々の業務に疲れた」

そんなときはぜひ『麻酔科医ハナ』のようなリアルを映したお仕事マンガを読んで、一時的なカンフル剤にしてみてください。

\漫画読み放題なら/
Kindle Unlimited
/無料体験もあるよ\

Kindle Unlimitedで読み放題なおすすめ漫画まとめ【漫画読み放題】Kindle Unlimitedで読める面白いおすすめ漫画まとめ