【Amazon】今日のタイムセール商品!

可愛すぎる北海道ギャルに見惚れるラブコメ漫画【道産子ギャルはなまらめんこい】

やあ、(百魔の主を書いている)葵です。(@Aoi_Yamato_100

何歳になってもラブコメにはときめいていたい。

仕事に疲れながらなにげなく眺めていたツイッターに、こんなツイートが流れてきて目を奪われました。

読後2秒で単行本を購入した。 

道産子ギャルが可愛すぎるラブコメ漫画【道産子ギャルはなまらめんこい】

なまら!めんこいッ!

落ち着けよ。
このエロ可愛さを前にして落ち着いていられるかっ!

というわけで2019年12月4日に単行本が発売された『道産子ギャルはなまらめんこい』のレビュー記事になります。

とりあえず作者の宣伝漫画ツイートを読んでちょっとエロいラブコメの波動にやられた人は単行本を買うように。

なぜならわたしが続きを読みたいからだ。

方言女子ってかわいいよね【なまらめんこい】

北海道の方言がタイトルに入っているとおり、舞台は北海道、そしてヒロインは方言ばりばりのギャルという設定の本作。

個人的に可愛いと思う女の子の方言ランキングNo.1は博多弁だったのですが、本作を読んで北海道弁がかなり迫ってきました。

わたし自身茨城という地方出身ですので、方言自体にはなじみがあるのですが、茨城の方言はなんかその……あの……なんていうか……

それ以上はやめておけ……
茨城弁(東北弁)女子が好きという方はご一報ください。

まあ真新しさがないなどの慣れの問題もあるので一概には言えませんが、それでもやっぱり博多弁や北海道弁は結構人気ですよね。

ヒロインの道産子ギャル、冬木美波ちゃんがマジかわいい

見よ!この圧倒的破壊力を!

本能に忠実すぎる。
躍動感があってとても良い!

このほかにもお家デート的なエピソードや休日デート的なエピソードもあって、美波ちゃんのいろんな服装を拝めます。

それこそがこの漫画の見どころでもあるので気になる人は単行本を読んでね。

お家デート編の衣装の破壊力はすごかった。

本作はとにかくヒロインのかわいさに焦点を当てた漫画

『道産子ギャルはなまらめんこい』にももちろん主人公となる男の子はいます。

実はこの主人公『四季翼』も地味に良いバランスのキャラクターをしている。

  • 適度な男子高校生的視点
  • それでいてスレていない素直な性格
  • 地味ながら清潔感のある容姿

こう、すごく特徴があるわけではないのだけれど、かといってエロゲの主人公みたいな顔のないキャラクターではない。

それでいて男を主張しすぎない中性的な性質を持ちます。

いてもヒロインを愛でる邪魔にはならないし、むしろ一男子高校生として好感が持てるし、なによりヒロインの可愛さを引き出してくれる存在なので、

(あ、これ地味に見えて実はよく考えられたキャラクターだ……)

そんな印象を覚えます。

お前もっと素直に漫画を楽しめないのか……

これでも素直に楽しめてます。

でも同時にそのキャラクター設定とかストーリーの流れにどういう意図や効果があるのかを考えてしまうのは物書きとしての職業病みたいなもの。

1巻の後半に登場するもう一人のヒロインにも注目【かわいい】

単行本1巻の後半にはもう一人の道産子女子高生が登場します。

このヒロインがまたカワイイのなんのって。

カワイイのオンパレードかよっ!

うまく言えてないぞ。

こちらのヒロインは美波ちゃんとはちょっと違うタイプの黒髪女子。

美波ちゃんとは違ってちょっと陰タイプながら、しっかりエロかわいい。

どんなキャラクターなのかは単行本で確認してね。

実に今後が期待される『道産子ギャルはなまらめんこい』

『道産子ギャルはなまらめんこい』は、作者の伊科田海先生の描く女の子キャラクターにドハマりする漫画です。

ツイートで掲載された冒頭のエピソードを読んで「かわいい」と思った人は単行本を買っても絶対に損はしないと思います。

[jin-fusen3 text=”この漫画が好きな人にはコチラもおすすめ!”]

https://aoi-yamato.net/mato-slave/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です