【SPY×FAMILY】文句なしに面白い!エンタメの魅力が全て詰まった痛快ホームコメディ漫画

やあ、(百魔の主を書いている)葵です。(@Aoi_Yamato_100

SPY×FAMILY』(スパイファミリー)って漫画がめちゃくちゃ面白い。

スパイってタイトルにあるからジョーカーゲーム的なやつかな、と勝手に想像していたのですが、良い意味で予想を裏切られました。

万能凄腕スパイの夫、ちょっと抜けてるけど実は最強な殺し屋妻、そしてかわいらしいけどエスパーな一人の少女が繰り広げる心暖まる(?)痛快ホームコメディ。

つい先日単行本第1巻が発売したばかりで、これからがとても楽しみな作品です。

とか思ってたら……

おそろしいまでのスピードで売れ続け、すでに1巻のみで30万部を突破しています。

単巻30万部はヤバすぎる。
近年まれに見る超絶的な売り上げだな!

そのため、本屋で売り切れが発生しているとのこと。

でも、ぶっちゃけそれくらい売れて当然なおもしろさだったのでぜひ読んでみてください。

紙の単行本にこだわりがないなら電子書籍(Kindle等)での購読をおすすめします。

ちなみにわたしもKindleで購入しました。

売り切れで買えないなんてこともないし、読みたいと思ったときにすぐ読めるのが電子書籍のメリットの一つだよね。

タップできる目次

スパイ×殺し屋×エスパーによる疑似家族マンガ【SPY×FAMILY】

あらすじ(概要)

(出典:©SPY×FAMILY)

名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。だが、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者! “妻”は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!(Amazon内容紹介より)

痛快ホームコメディとなってるけどところどころ心地よい程度の(スパイス的な)シリアスもあって、気づいたら読み終わってた。

はやく続き!(ブーメラン)

最新刊はコチラ!

SPY×FAMILYの感想と評価(魅力と見どころについても解説)

1巻を読んだだけで、すでに一口で語りきれない魅力と見どころがありました。

作家としても「これは勉強になるなぁ……」と思わず感嘆した漫画です。

できるだけネタバレにならない形でその魅力について語っていきます。

とにかくテンポが良い(軽快)

軽快、それでいて痛快。

ドタバタ劇もうるさすぎず、つい見入ってしまう感じです。

主人公勢が基本的に凄腕(最強)なのも痛快さに拍車をかけてくれていてグッド。

(出典:©SPY×FAMILY)

コミカルなのに心に染みるエピソードが多い(感動)

この軽快さやドタバタ感を維持しつつ、ところどころで心に染みるようなエピソードを差しこんできます。

(出典:©SPY×FAMILY)

くそっ、ほっこり死する!

そのほかにも、スパイという立場と子どもへの思いから疑似家族の在り方に葛藤する主人公『黄昏』の心理描写も絶妙でなんだこれ超バランス良いな。

正直、あまりにも魅せ方や構成が整いすぎていて「なにこれズルい……」と、もはや嫉妬にも似た感情を抱きました。

画力も高い(絵が見やすい)

マンガとしては絵の線がしっかりしていてとても見やすいです。

それでいて迫力もあります。

(出典:©SPY×FAMILY)

どうしよう、今のところ非の打ちどころがない。

これは余談ですが、なんとなくソウルイーター炎炎ノ消防隊で有名な大久保篤先生の絵柄に似てるな、と思いました。(どっちもファンです)

このあたり絵柄が好きなら間違いなく読みやすいのでおすすめ。

少年ジャンプ+で一部無料で読める!

『SPY×FAMILY』は元々Webで隔週月曜日更新の作品みたいでして、少年ジャンプ+で一部無料で読むことができます。

「ちょっと試し読みしたい」という方はぜひ活用してみてください。

Youtubeに連載開始記念PVもあるよ!

Youtubeに連載開始記念PVがあったので紹介しておきます。

短いながらもこの作品の見どころと魅力がきっちり詰まっているのでご視聴あれ。

『SPY×FAMILY』の感想と評価まとめ

ここまでエンタメとして完成度が高い漫画を久々に見ました。

なにかがめちゃくちゃ尖っているってわけではないんですが、とにかくすべて超高次元でまとまっています。

売り上げもそうですが、こうなるとスパイファミリーがアニメ化するのも時間の問題でしょう。

それくらいの完成度でした。

今後がめちゃくちゃ楽しみだッ!

余談:実は編集者が超有能な件について

SPY×FAMILYの編集者をしている林士平(りんしへい)さんがほかにも最近のヒット漫画に大体かかわっているすごい人で、まさしくヒットメーカーという感じです。

この対談記事もクリエイターとしてめちゃくちゃ参考になる記事だったのでぜひ読んでみてほしい。

このインタビュー記事の中で特に大事なポイントをまとめました!

ちなみに林氏のツイッターのプロフィールに書いてある立ち上げ作品が、

 集英社/少年ジャンプ+/漫画編集者/チェンソーマン/SPY×FAMILY/HEART GEAR/ムーンランド/ドリキャン‼︎/彼女と彼 担当中。過去立上げ作品は青の祓魔師/この音とまれ!/ファイアパンチ/怪物事変/左ききのエレン/地獄楽/カッコカワイイ宣言!/貧乏神が!他。(出典:林士平ツイッタープロフィール

バケモンかよっ!

結構クリエイターのためになるつぶやきも多いので要チェックですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる