古代和風ファンタジー漫画『峠鬼』がとても面白い件について

やあ、(百魔の主を書いている)葵です。(@Aoi_Yamato_100

ふっと表紙にひかれて手にとった『峠鬼』ってマンガがとても面白い。

日本の上代(江戸とかよりもっと昔)を舞台にした『鬼』と『神々』のお話で、ところどころSFチックな魅せ方もあり、そこもまた楽しめる。

『八百万の神』とか、神道的な神の設定が好きなら間違いなく楽しめると思う。

タップできる目次

神々と人の物語が好きなら『峠鬼』を読むべし

おすすめ度

(すばらしい)

あらすじ

遥か昔の倭の国の、神代と人世のその間。神々が人間と共存していた時代。
村を司る神・切風孫命神への生贄に選ばれた少女・妙(みよ)は、避けられぬ死に怯えていた。
しかし、神と相対し対話する異能を持つ道士・小角(おづの)との出会いが、彼女を窮地から救い出す……!

『峠鬼』の魅力と見どころ①:舞台設定に対しキャラクターが親しみやすい

日本を倭の国と形容しているだけあって、舞台設定はかなり古めなれど、キャラクターの描き方がとても現代的です。

作中ではさまざまな日本の神々が登場するが、その神々も畏れだけでなく親しみやすさがある。

神々としての畏れをしっかり描きつつ、一方で人々に親しまれる存在でもある彼らの描き方は、これ以上ないほど絶妙でした。

『峠鬼』の魅力と見どころ②:各話のオチが見事

峠鬼には大きなストーリーが存在しますが、各話ごとにその世界で起きるさまざまな小ストーリーが散りばめられています。

ひょんな村で起こるいざこざ。

とある神の気まぐれ。

各キャラクターの生きてきた背景に関わる出来事。

そういった小さなストーリーが連続し、そして各話がしっかりと一つのお話として完結します。

これが意外と難しいんだな!

こういった小さなストーリーがしっかりとオチるたびに、どんどんと峠鬼の世界観に入り込んでいく感覚になります。

非常に、非常に良い。

『峠鬼』の魅力と見どころ③:線のわかりやすさと美しさ

作者である鶴淵けんじ氏の絵が非常にわかりやすく、そして同時に美しいです。

マンガ的な絵のうまさとでも言いましょうか。

適度にデフォルメされつつ、それでいてキャラクターに色気があるのがかなり魅力だと私は思います。

特に女性キャラクターのうまさはかなりのもので、コト様がとにかく美しい。

(※ 引用ツイートの右上のキャラクター)

マンガって絵と文字が同居する読み物ですし、連続して読み進めていくものなので、一枚絵としての美しさとはまた違った「うまさ」のようなものが結構重要だと思っています。

その点『峠鬼』はマンガとしても非常に読みやすい作品でした。

【関連】この作品もマンガ的にとても読みやすかったよ

まとめ:和の神々と人との交流というテーマが好きならぜひ

タイトルにある『鬼』という言葉もキーワードになりますが、1巻~3巻(最新)までを読んで思ったのは『神々』と『人』との交流がメインになっていることです。

わたしはこういうテーマが非常に好きなのでめちゃくちゃ楽しめました。

また一方で、ただの上代和風ファンタジーにとどまらないSF的(IF)要素もワクワク感に繋がっていて、

  • 「もしかしたらこうだったかも」
  • 「こんなことがあったら面白いなぁ」

というような、知的好奇心がくすぐられるエピソードも満載。

和風ファンタジーものが好きな人はもちろん、SFが好きな人にも合う逸品です。

気になった人は読んでみてね。

このマンガが好きな人はこちらもオススメ

『峠鬼』が好きな人にオススメできる作品をいくつかまとめておきます。

あまつき

おすすめ度

(最高に良い!)

こちらも現代と過去の日本が交わる妖怪ありの和風ファンタジー。

現代と過去の日本の混じり合いがSFチックでありつつ、しっかりと和風ファンタジー世界を形成しつつ、ドキドキするミステリーもありで個人的に和風ファンタジー漫画TOP3に入る作品。

絵も美しいのでぜひ読んでみてほしい。

怪物事変

おすすめ度

(とても良い)

こちらは現代が舞台の和風ファンタジーもの。

ストーリーが非常によく整っていて、すらすら先を読めてしまう。

絵もかなり見やすい。

もっとくわしく知りたい人はこちら

和風ファンタジーは小説なんかでも名作が多いので、そのうち紹介できたらと思うよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる