【質問回答】小説の文章を練習する時は手書きが良い?それともワード?

やあ、(百魔の主を書いている)葵です。(@Aoi_Yamato_100

先日、ブログのメールフォームを通して質問をいただきました。

ちなみに小説の文章力を最速で上げる方法【おすすめの書き方と習慣】の記事を先に読んでいただいたみたいで、そのうえでのお話になります。

上記記事の結論としては、

好きな作家の文章を真似して書いてみる

が最も早い上達方法だと思いますよーって話なんですが、まあくわしくは記事を参照してもらうとして。

[list class=”stitch-red”]

[/list]

で、そのうえでの質問がこんな感じ。

タップできる目次

実際にプロ作家の文章を真似して練習する時は手書きにすべき?それともワード等にすべき?

結論から言うとワードをおすすめします。

もちろん手書きにも良いところはあるのですが、今の時代は小説を書くとなると基本的にキーボードで打っていくことになります。

なので、今後のためにも基本的にはキーボードで文章を打っていくスタイルがおすすめ。

ちなみに小説の書き方の種類については下記の記事でまとめているので参考にしてね。

[kanren id=”5060″ target=”_blank”]

※あと文章を真似して書いてみるという練習法自体は、紙でもワードでもどちらも効果があると思います。そこの効果量は気にしなくて大丈夫。

速度が出る

キーボードを使って書いていくことの一番の利点はやはり速度です。

音声入力の精度がもっとよくなっていけば変わるかもしれませんが、現状頭の中の文章を打ち出すのにこれ以上の速さのものを私は知りません。

最終的に自分でひとつの作品を書き切りたいと思うのであれば、時間的コストパフォーマンスのためにもキーボードを使うことをおすすめします。

最終的に自分の小説を書く時もキーボードになる

最終的にはキーボードを使うことになると思うので、文章を打つ練習も兼ねてワードなどで書いていくのが良いと思います。

手書きのやる場合にメリットってある?

手書きの良いところももちろんあって、キーボードより速度が出ないため、

  1. 今書いている文章そのものにより注意が向きやすい
  2. 自分で書けない難読漢字に気づくことができる

などがありますが、それは『好きな作家の文章を真似る』という模倣の段階では早いかな、とも思います。

模倣をして、自分の文章が出来てきて、その次の段階で『もっと読みやすい文章ってなんだろう?』って考えたときに、手書きで書いてみる、というのはアリです。

媒体を変えることで驚くほど簡単に自分の欠点に気づくこともあります。

でも、

  • まだ自分の文章が出来ていない
  • そもそも小説の文章の書き方がわからない

という人は、とにかくキーボードで文章を打っていくことからはじめましょう。

まあ強制ではないからやりやすいやり方みつけてね!

※ちなみにプロの文芸作家さんでも手書きで書いてらっしゃる方はいます。

結論:文章の練習はワードなどのキーボード打ちで

わたしも最初は文章を書くことそのものにすごく苦労した覚えがあります。

ですが、自分の読みやすいと思った作家さんの作品や、面白いと思った作品などを見よう見まねで真似していくうちに、徐々に自然と文章が書けるようになりました。

実際に私も最初からキーボードで打つという形ではじめて今こうなっているので、最初からキーボードで練習して全く問題ないと思います。

質問をしてくれた方、ありがとう!

わたしに答えられることであれば今後も答えていこうと思うので、気になることがあればメールフォームツイッターから聞いてください。

[kanren id=”533″]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる