亜人の面白い所を紹介するよ|死なない人間たちによる高度な頭脳戦

不死身な人間が戦い合ったら、どういう結末になるのか。

そんな思考実験を魅力的なストーリーと共に提供してくれる漫画がこの『亜人』です。

この漫画がぴったりな人

  • 現代が舞台の高度な知能戦が見たい
  • 合理的な主人公が好き
  • 銃火器を使うリアルなバトルシーンが好き
タップできる目次

亜人(著:桜井画門)

あらすじ

「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。
高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変した。彼は人間たちから逃げ惑うことになる。友人のカイは、怯える圭を助けるために駆けつけ、ふたりで人里を離れて山の中に逃げ込んだ。そんな彼に人間と敵対する亜人たちが接触してきた。
――彼は何と戦い、誰と生きればいいんだろう?
Amazon紹介文

見どころ①:高度な知能戦

この亜人という作品の魅力はなんといってもその知能戦

主人公の永井圭は医学部模試で1ケタ順位を取るほどの秀才ですが、ガリ勉というよりは徹底的にストイックな合理主義者で、当初こそ亜人である自分に戸惑いますが、すぐにそれに適応します。

そんな圭は徐々に亜人を取り巻く大きな事件に巻き込まれていくわけですが、そこで宿敵サトウと繰り広げる不死身同士ゆえの戦いは、まさに手に汗にぎるもの。

なんとなく派手な戦い、とかではなくて、設定を忠実に守り、そのルールの中でいかに勝つか、を徹底した作品です。
頭の良さがにじみ出ている……

見どころ②:主人公のブレなさが心地いい

亜人の主人公、永井圭は見方によってはとても冷たい人間です。

でも、そこには彼なりの信念があって、そしてそこに至るまでの葛藤もあって、このブレなさは逆にキャラクターとしての芯の強さにも直結しています。

各キャラクターが、独自の信念をもって、そのとおりに行動を完遂させようとする。

そこには大きなリアリティがありました。

自分がどちらかというと合理的な人間だ、と思う人には合うキャラクターだと思う。
万人に愛されるキャラクターではないかもしれないが、その分味があるし、良い意味で尖っているよな。

見どころ③:現代舞台だけど話のスケールが壮大でワクワクする

宿敵となるサトウという亜人もまた、かなーりクセが強いキャラクター。

しかしこちらも見た目とどこにでもいそうな名前にそぐわず、すさまじい戦闘能力と頭脳を有しています。

サトウが繰り出す一手一手が、本当にスケールの大きなもので、それでいて細部も抜かりなく、「本当にコイツに勝てるのかよ!?」と思ってしまう絶望感もある。

そんな中で唯一主人公である圭だけがサトウの計略に真っ向から対抗できるというのがまたゾクゾクする。

この、主人公永井圭と宿敵サトウの策の読み合いは本当に一見の価値あり。

見どころ④:漫画としての間の使い方が最高にうまい

コマ割りの妙とでも言いましょうか。

特に印象的だったのがこのシーン。

 

亜人13巻24P(出典:『亜人』13巻 24P)

亜人13巻25P(出典:『亜人』13巻 25P)

緊迫した状況の中、宿敵サトウの策を誰よりも先にその明晰な頭脳で読みきる主人公永井圭のシーン

ページを跨いだこの「できうる」のシーンで、わたしは鳥肌が立ちました

シーンの溜めの作り方が秀逸だよな。ハリウッド映画に負けず劣らずの間の使い方のうまさ。

ぶっちゃけこのシーンだけでも読むに値すると思うほどだったので、気になる方はぜひ見てみてください。

まとめ

ということで今回は『亜人』についてご紹介しました。

現代を舞台にした知能戦、リアルな銃火器を含む軍人系のアクションシーン

ストーリーもスケールが大きく、それでいて緊張感を味わえるというザ・名作

連載中でまだ結末のわからない作品ですが、これからの展開がどうなるのか本当に楽しみな作品です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる