【Amazon】今日のタイムセール商品!

【読み放題】『Kindle Unlimited』を実際に体験してみた感想【3年継続】

Kindle Unlimited 3年間使ってみた感想

やあ、(百魔の主を書いている)葵です。(@Aoi_Yamato_100

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)というAmazonの電子書籍の定額読み放題サービスを使いはじめて3年が経ちました。(漫画・小説・ビジネス書など)

Kindle Unlimitedが始まったころと比べると読み放題対象の本やマンガの数が爆発的に増えており、和書の冊数でいうとすでに12万冊を超えています。

わたしは主に漫画を読むのによく利用していますが、今回は実際にサービス開始から約3年間Kindle Unlimitedを使い続けた感想をまとめてみます。

[jin-fusen3 text=”実際にどんな漫画が読めるのか知りたい人はコチラ!”]

https://aoi-yamato.net/kindle-unlimited-manga-matome/

サイバーマンデーセールなどで3か月99円で利用できるお得なキャンペーンが行われていることもあるので、そういうときは特にオススメ

\公式ページはこちらから!/

[jin-button-gradation visual=”” hover=”down” radius=”50px” color1=”#F0BD00″ color2=”#F04D00″ url=”https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/bookshelf?shoppingPortalEnabled=true&_encoding=UTF8&ref_=sv_nav_ebook_2&_encoding=UTF8&tag=aoiyamato-22&linkCode=ur2&linkId=a4fe893662d92c11aa8f0f4a65ce74f0&camp=247&creative=1211″ target=”_blank” rel=”noopener”]Kindle Unlimited[jin_icon_arrowdouble color=”#ffffff”][/jin-button-gradation]

Amazon.co.jp (以下、Amazon) は、本日2016年8月3日(水)、Kindle Unlimitedサービスを開始致しました。
本サービスは月額980円(税込)で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。
池井戸 潤、葉室 麟、石田衣良、堀江貴文、北条 司、手塚治虫などの人気作家による数多くのベストセラーやコミックをはじめ、週刊エコノミストやwithなど240タイトル以上の雑誌 *の中からお読みいただけます。
お手持ちのiOS/Androidスマートフォン・タブレットやPC・Mac用のKindle無料アプリ、そしてKindle電子書籍リーダーやFireタブレットでご利用いただけます。

Amazonプレスリリース 

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)は総合的な使いやすさが最高レベル

わたしは基本的に漫画を電子書籍で読みます。

理由としてはあまりに読む冊数が多すぎて家に入りきらなくなったからです。

3000冊も家に置いてたら床が抜けるな。
[box04 title=”電子書籍の良いところ”]
  1. すぐに買えてすぐに読める(最強)
  2. スマホやタブレットがあればどこでも読める(持ち運び楽)
  3. 置き場所に困らない(床が抜けない)

で、最近はこの電子書籍というのがだいぶ世の中に浸透してきまして、いろいろな電子書籍専用サイトがあります。

そんな中で、Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)がどんな立ち位置にあるかというと――

Amazon系列なのでとにかく管理が楽で使いやすいということです。

Amazonアカウントと紐付けされるので管理が楽

今の時代、Amazonのアカウントを持っていない人はあまりいないでしょう。

持ってなかったらとりあえず便利なので登録しておいて損はないです。

アニメ好きな人にはAmazonプライムビデオとかもかなりオススメ。

\Amazonプライムはこちらから!/

[jin-button-gradation visual=”” hover=”down” radius=”50px” color1=”#F0BD00″ color2=”#F04D00″ url=”https://www.amazon.co.jp/gp/video/offers?&_encoding=UTF8&tag=aoiyamato-22&linkCode=ur2&linkId=2c43cc36e2d3b154f8799b6c1c7eca03&camp=247&creative=1211″ target=”_blank” rel=”noopener”]Amazonプライム[jin_icon_arrowdouble color=”#ffffff”][/jin-button-gradation]

電子書籍サイトっていろいろあって、各サービスにそれぞれ良いところがあります。

[jin-fusen3 text=”ほかの電子書籍サイトはコチラから!”]

https://aoi-yamato.net/e-book-site/

ただ、いちいち提供会社が変わるので、アカウントの管理が面倒くさいのが難点。

その点Kindle UnlimitedはAmazonアカウントと連動しているので、あっちにいったりこっちにいたりしなくて済むのが地味にありがたいと感じました。

[jin-fusen3 text=”最近読んだ読み放題対象マンガでおもしろかったやつ!”]

意外と定額読み放題サービスって存在しない

電子書籍サービスって、実は意外と定額読み放題をやっているところが少ないです。

もちろん提供会社によってはあるのですが、今のところ読み放題ができる本やマンガの数がかなり限られます。

あとメジャー作品が少ないんだよね……

Kindle Unlimitedもサービス開始当初はそんな雰囲気だったんですが、最近はかなり力を入れていて、有名作品もかなり入ってきています。

最近はラインナップもかなり充実

最初のころと比べると、今現在の人気の作品・話題の作品がかなり読み放題に加わっています。

  • 「これ読み放題で読んでいいの!?」
  • 「あ、この作品気になってたんだよね」

そういう作品が普通に追加されるので、かなりお得感があります。

もちろんインディーズ作品などの掘り出し物も充実していて、このあたりはさすが取扱いのない本が存在しないと言われるAmazonだな、というところ。

[jin-fusen3 text=”Kindle Unlimitedで読めるおすすめ漫画のまとめはコチラ!”]

https://aoi-yamato.net/kindle-unlimited-manga-matome/

月に2冊以上マンガを買って読む人は余裕で元が取れる

Kindle Unlimitedの月額料金は980円です。

マンガ1冊は平均してだいたい500円ほどなので、2冊読めば元が取れます。

わたしはKindle Unlimited対象作品を含み、月に10冊以上(多いときは100冊以上)読むので、速攻で元が取れます。

仮に普通の漫画を10冊買ったとしたら5000円かかるところを、Kindle Unlimitedを使うことで4000円分タダで読めているわけです。

控えめにいって超お得じゃない!?

もちろん『あんまり電子書籍を読まない~』という人にはお勧めしません。ただ、ラインナップを見て、その中から2冊は読みたいものがある、という人は十分採算が取れるので要チェック。

\公式ページはこちらから!/

[jin-button-gradation visual=”” hover=”down” radius=”50px” color1=”#F0BD00″ color2=”#F04D00″ url=”https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/bookshelf?shoppingPortalEnabled=true&_encoding=UTF8&ref_=sv_nav_ebook_2&_encoding=UTF8&tag=aoiyamato-22&linkCode=ur2&linkId=a4fe893662d92c11aa8f0f4a65ce74f0&camp=247&creative=1211″ target=”_blank” rel=”noopener”]Kindle Unlimited[jin_icon_arrowdouble color=”#ffffff”][/jin-button-gradation]

新しいジャンルの本や漫画に気軽にチャレンジできる

定額読み放題サービスの最大の魅力って、

新しいジャンルの本や漫画に気軽にチャレンジできる

ことだと思うんですよ。

定額なので、月額料金さえ払えば対象のどんな本を読んでも追加でお金を取られることがない。

つまり、『ちょっと試しに読んでみようかな』という行動に対して、まるでリスクがないわけです。

  • 表紙が気になって買ったけど実際読んだらおもしろくなかった
  • 気になってるけどお金を出して買うほどじゃない

そういう作品がKindle Unlimitedに追加されたらしめたもの。

試し読みどころか、まるまるその作品を読めてしまうので、上記のようなリスクを完全に排除できてしまうわけです。

『気になる→読んでみよう』の敷居が極限まで低くなってるので本当にいろんなジャンルの本に手をつけられる

わたしはKindle Unlimitedを使いはじめてから、かなり読書の幅が広がりました。

まとめ:Kindle Unlimitedは『月に2冊以上の本やマンガを読む人』にはオススメできる

Kindle Unlimitedは、

  • 月に2冊以上本や漫画を読む
  • すでにAmazonアカウントを持っている
  • 公式ラインナップの中に気になる本がある
  • 新しいジャンルの本や漫画を気軽に読んでみたい

そんな人には力強くオススメできるサービスです。

\公式ページはこちらから!/

[jin-button-gradation visual=”” hover=”down” radius=”50px” color1=”#F0BD00″ color2=”#F04D00″ url=”https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/bookshelf?shoppingPortalEnabled=true&_encoding=UTF8&ref_=sv_nav_ebook_2&_encoding=UTF8&tag=aoiyamato-22&linkCode=ur2&linkId=a4fe893662d92c11aa8f0f4a65ce74f0&camp=247&creative=1211″ target=”_blank” rel=”noopener”]Kindle Unlimited[jin_icon_arrowdouble color=”#ffffff”][/jin-button-gradation]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です