【Amazon】今日のタイムセール商品!

『ニコラのおゆるり魔界紀行』の面白い所を紹介する|絵本的ダークファンタジー

ニコラのおゆるり魔界紀行

やあ、(百魔の主を書いている兼業作家の)葵です。(@Aoi_Yamato_100

日常系のファンタジー漫画に傑作が多いことは周知の事実ですが、また面白い作品を発見してしまいました。

その名も『ニコラのおゆるり魔界紀行』。

ハルタコミックスから出版されている異世界旅行系の漫画で、ダークでありながら絵本に通ずる雰囲気の柔らかさがあるのが特徴。

世界観がかなり魅力的な漫画です。

今回はそんな『ニコラのおゆるり魔界紀行』を紹介します。

ダークでほんわかな魔界道中【ニコラのおゆるり魔界紀行】

この『ニコラのおゆるり魔界紀行』は、

  • 魔界らしさを維持したまま
  • 日常系ファンタジー漫画の持つ生活感や癒し感を醸し出す良作

絵柄のタッチも非常に雰囲気が良くて、絵本に通ずる心地よさを覚えます。

人間のニコラと悪魔のサイモンの旅の記録

主人公は魔界に迷いこんだ人間の少女『ニコラ』。

お転婆でわがままも言うけど、心根の良い少女です。

そんなニコラはどうやら魔法が使える魔女のようですが、ここぞという時以外はてんでうまくいきません。

そんなニコラを魔界で拾ったのがサイモンという名の悪魔。

魔界で行商をしている青年で、いいよね、こういう組み合わせ。

急に悦に浸るな!
悪魔・行商人・人間の少女・異界を二人旅。このキーワードでご飯三杯食べられる。

ストーリーは基本的にほんわかだけど、心に染みるシーンがある

基本的にストーリーは魔界珍道中的な感じで、ニコラとサイモンの何気ない掛け合いや、登場する悪魔たちを見て異世界観を楽しむ感じ。

けれど、各エピソードに必ずエピローグがあって、そのすべてが心に染みる。

人と人との関係性じゃないけど、心が通う瞬間というのがあって、

  • 人と悪魔、種族が違うからこそ感動も大きくなる

ニコラの天真爛漫さもこの癒しエピソードを柔らかく彩ってくれていて、読んでいて優しい気持ちになります。

個人的にサイモンの皮肉っぽいけど根が優しい性格がツボ

なんだこいつ良いキャラしてんな!!

ワタシ、こういうキャラ、ダイスキ。
なんで急にカタコトなんだ……

ちなみに悪魔で行商人なキャラは『バベルハイムの商人』でも出てくるけど、どっちも好き。

バベルハイムの商人の感想と評価ネタバレバベルハイムの商人の面白い所を紹介する|人と悪魔を繋ぐ不思議な金貨

どちらも根が皮肉っぽい雰囲気は同じだけど、『ニコラのおゆるり魔界紀行』のサイモンの方がちょっと素直そう(異論は認める)。

まとめ:また日常系ファンタジー漫画に傑作が加わってしまった【ニコラのおゆるり魔界紀行】

日常系ファンタジー漫画は今のところ9割方当たりを引いている状態の葵です。

  • 非日常だけど日常
  • 異世界だけどリアリティがある

生活やキャラクターの営みが描かれることで、『ここではないどこか』へどんどんと没入していけるのが、日常系ファンタジー漫画の最大の魅力です。

まだ『ニコラのおゆるり魔界紀行』を読んでいない人は、ぜひ読んでみてください。

面白い日常系ファンタジー漫画をまとめました

生活感のあるファンタジー漫画まとめ生活感のあるファンタジー漫画のおすすめ6選【日常系】