MENU
マンガの連載が始まりました!▼

百魔の主/漫画版

創作研究室(カテゴリー別)
葵大和
ライトノベル作家
カドカワBOOKSから『百魔の主』というファンタジー戦記小説を刊行しています(既刊6冊)。またコミカライズ版が秋田書店のweb漫画サイト『マンガクロス』にて連載中です。執筆歴は15年。最近はブログ書いたりもしています。うんち。
出版作品(小説/カドカワBOOKS)

百魔の主/葵大和

【無料】100人の英霊に育てられた〈魔王〉の物語【マンガ】☚click!

百魔の主/まとめページ

タップできる目次

『百魔の主』の概要

『百魔の主』とは

2014年6月18日から『小説家になろう』にて連載を開始したweb小説。

2015年6月20日に、推敲および新規書き下ろしを加え、さらに挿絵などが追加された書籍版『百魔の主』の第一巻がカドカワBOOKSより発売され、現在全6巻が同レーベルより発売中。

2021年4月13日より秋田書店運営のweb漫画サイト『マンガクロス』にてコミカライズが連載開始。

同2021年11月8日にマンガ版の書籍第一巻が全国刊行される。

web原作に関しては2021年現在で文字数100万文字を越えながら、なおも連載中。

web原作の総アクセス数は3,300万を突破した。

あらすじ

青年は病室でその生をまっとうしたあと、異界の英霊に誘われて世界を渡った。
青年、メレア=メアの二度目の生は、英霊が未練と共にさまよう霊山の一角から始まる。
英霊たちの未練を晴らすために『英雄』になるよう育てられたメレアだったが、時代の意志が彼を『魔王』に仕立て上げた。
時を同じくして魔王のレッテルを背に張られ、逃げるようにして霊山に登ってきた最初の二十一人と共に、メレアは戦乱の世を生きる決意をする。
〈百魔の主〉と呼ばれた男と、彼に付き従った百人の魔王の物語。

※『株式会社KADOKAWA カドカワBOOKS』から書籍化することが決定致しました。
※ 第6巻発売中(電子書籍・合本版あり)

作者コメント

ファンタジー! 戦記! 群像劇! 好きなものを好きなだけ詰め込んだ作品。カドカワBOOKSさんから書籍化させてもらった記念すべき作家としての処女作でもあり、思い入れが深い。

本編:書籍全6巻(カドカワBOOKS)

書籍化までのエピソードを知りたい人はこちらから!

本編:原作(Web連載版)

ザ・原液。すべての媒体の中で最も話が進んでいるため、とにかく先が読みたいという人はweb版の原作を読むことをおすすめします。

本編:マンガ版(秋田書店)

2021年4月より『百魔の主』のコミカライズ版が秋田書店のweb漫画サイト『マンガクロス』にて連載開始となりました。

同じく2021年11月8日に上記の単行本が刊行、好評発売中です!

「活字を読むのがつらい!」「絵のあるマンガで読みたい!」という人にはぴったり。ド迫力のバトルと異世界の風景を楽しみたい人にもおすすめ。

マンガクロス(連載中)

ニコニコ静画:マンガ(連載中)

ラジオで紹介されました!【秋田書店ラジオ編集部】

『百魔の主』の漫画版第一巻の発売を記念して、秋田書店ラジオ編集部にて特集を組んでいただきました。

声優さんによるワンシーン再現などもあるので、ぜひ聞いてみてください。

外伝(日常SS/企画SS)

魔王と白糖祭【バレンタインデー企画】

こんなお話

レミューゼで開かれる甘味の祭典〈白糖祭〉。そのうわさを聞き付けたヒロインたちが、メレアへのプレゼントをめぐって悩んだり暴走したりするお話。ほっこり、コミカル。

舞い上がれ、風と雪と、光の花【クリスマス企画】

こんなお話

メレアがまだリンドホルム霊山にいたころのお話。ヴァン・セレスター・フランダーが登場します。

外伝(英霊想譚/英霊たちの過去話)

風神と、幼き灰髪赤眼の怪物【ヴァン×幼少フランダー】

こんなお話

本編『百魔の主』の第137部『256年前 白金の雷神、緑銀の風神【前編】』のさらに後日譚にあたる。〈風神〉ヴァン=エスターが、若かりしころのフランダーと歴史的な邂逅をするお話。

各種人気投票

キャラクター人気投票

術式人気投票

創作裏話あれこれ

百魔の主の裏話をしよう vol.1

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる